便潜血検査

便潜血検査(血便)と大腸内視鏡検査

大腸一般的な健康診断で行われている便潜血検査は、大腸がん発見のために行われるものです。しかし、陽性でも大腸がんではない場合が多く、逆に陰性で大腸がんがあることも珍しくありません。何万人というレベルでみた場合には大腸がん発見に役立ちますが、個人の検査として信頼性が高いとはいえません。そのため、大腸がんの早期発見のためには、便潜血検査の他に大腸内視鏡検査を行うのがおすすめです。

 

 

大腸がんとは

大腸がんとは大腸がんは、早期発見できれば内視鏡による切除で治すことができる病気です。また、前がん病変の大腸ポリープを内視鏡で切除することで、大腸がん予防につながります。ただし、大腸がんは自覚症状なく進行していくため、早期発見には内視鏡検査が必要です。
近年、大腸がんが増えてきています。定期的な内視鏡検査がまだ一般的ではないこともあって、現在のがんの種類別の死亡原因では、大腸がんは女性の第1位、男性の第3位となっており、2020年には男女ともに第1位になると考えられています。また、進行した大腸がんは、開腹手術などが必要となり、患者様の身体や生活、お仕事に大きな負担がかかることになります。
大腸がんは、早期発見と適切な治療で完治が望めます。また、大腸ポリープはがん化するケースが多いため、ポリープの段階で内視鏡的に切除してしまえば大腸がん予防になります。このように早期であれば治しやすいがんであり、予防も可能であるにもかかわらず、大腸がんで亡くなる方がこれほど多い理由としては、かなり進行するまで自覚症状がほとんどないこと、そして一般的に行われている便潜血検査はかなり進行した大腸がんでも見逃してしまう可能性があることが考えられます。便潜血検査は、陰性でも大腸がんではないとはいえず、陽性の場合もがん以外の疾患が原因となっているケースが多いなど、実は精度が低いのです。
早期の大腸がんを見つけるためには、定期的な内視鏡検査が重要です。大腸内視鏡検査は粘膜を直接観察できるため、早期の大腸がんやポリープを見つけることができます。内視鏡検査で大腸がんや前がん病変であるポリープを発見したら、その場で切除することも可能です。
便潜血検査で陰性だったことで安心してしまい、大腸がんやポリープを見逃してしまうこともあります。大腸がんリスクが上昇する40歳を迎えたら、定期的に大腸内視鏡検査を受けることをおすすめします。

便潜血検査で陽性となった方へ

内視鏡検査を受けましょう

苦しくない内視鏡便潜血検査は、便に血が混じっていないかを調べる検査であり、便に血が混じる病気は大腸がん以外にもたくさんあります。そのため、便潜血検査で陽性になった場合には、精密検査として内視鏡検査を受ける必要があります。サイズや位置によって、レントゲンでは発見しにくい病変がありますし、組織採取もできないので、確定診断のためには内視鏡検査が別途必要になります。

大腸内視鏡検査は早期の大腸がんを発見できる唯一の検査

大腸内視鏡検査大腸内視鏡検査は、大腸の粘膜を直接観察します。当クリニックに導入している最新の内視鏡システムは、特殊な光などを使った観察が可能であり、前がん病変の大腸ポリープなどの小さな病変も発見することができます。また、内視鏡で組織を採取できますので、生検による確定診断も行うことができます。

 

専門医による大腸内視鏡検査

内視鏡検査は、検査する医師の熟練度や使用する機器によって大きく精度や不快感が変わってしまう、非常にデリケートな検査です。当クリニックでは、内視鏡検査を数多く経験している日本消化器内視鏡学会専門医が検査を行っております。加えて、最新の機器やシステム、手法などの導入によって不快感がほとんどない、精度の高い検査が実現しています。ご安心ください。

検査時に初期大腸がんや前がん病変のポリープ切除も可能

定期的に大腸内視鏡検査を受けている方にとって、大腸がんは怖い病気ではありません。本当に怖いのは、内視鏡検査を受けずに進行してしまった大腸がんです。早期の大腸がんや前がん病変である大腸ポリープは、内視鏡で簡単に切除が可能です。大腸内視鏡検査時に初期大腸がんや前がん病変のポリープが見つかった場合、その場で内視鏡による切除ができます。治療のために改めて別日にスケジュールを作る必要がないので、患者様のご負担を軽減できます。

便潜血陽性を良いきっかけに

便潜血陽性を良いきっかけに便潜血陽性とは、便に肉眼ではわからないほど微量の血液が含まれていることを意味します。これは、食道、胃、腸、肛門という消化管のどこかで出血を起こしている可能性があることを示しています。
大腸がんは、消化管で出血を起こす病気に含まれますが、便潜血陽性の方に内視鏡検査を行ってみると大腸がんである場合は実は少ないのです。また、大腸がんであっても、腹痛、出血、便通の変化、腹部膨満感といった自覚症状がない段階であれば、的確な治療で完治が望めます。
便潜血検査は、受診者1,000人中の約50人が陽性になり、その50人のうちの1~2人が大腸がんであると報告されています。ただし、大腸がんがあっても陰性と出てしまうケースもあります。大腸ポリープがある方のほぼ全員、早期大腸がんのうちの約半分、進行大腸がんのうちの約1割は、便潜血検査で陰性になると報告されており、その場合は異常なしとなってしまいます。結果として、便潜血検査だけでは大腸がんの発見や予防はできません。便潜血検査を大腸の健康を意識する良いきっかけにして、ぜひ内視鏡検査も受けてみましょう。

便潜血検査陰性の方へ

大腸がんは、便潜血検査では発見できないケースがかなり多く存在します。そのため、陰性になったからといって、大腸がんではないとは断定できません。大腸がんは、進行するととても怖い病気になってしまいます。陰性の方でも、大腸がんリスクが上がる40歳になったら、予防や早期発見のために内視鏡検査を受けましょう。

TEL:022-294-6633メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
スタッフブログ