大腸ポリープ

日帰り大腸ポリープ切除術

当クリニックでは、大腸ポリープの切除を日帰り手術(内視鏡下大腸粘膜切除術)で行っております。大腸内視鏡検査の際に発見したポリープを切除する場合、時間は20~30分程度です。
低侵襲で安全性が高いために日帰りで受けられますが、あくまでも手術であり、術後の合併症として出血や穿孔リスクはゼロではありません。そのため、術後の数時間はクリニック内で安静を保っていただき、経過観察を行います。また、合併症リスクを下げるために、ご帰宅後は安静にしていただき、術後1週間程度は激しい運動や旅行、出張、飲酒などを控えてください。持病がある方は体調や内服されているお薬などによって、日帰り大腸ポリープ切除術ができない場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

大腸ポリープとは

大腸ポリープとは大腸ポリープは、腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープに分けられます。非腫瘍性ポリープはがんになる可能性がほとんどないもので、腸炎などによる炎症性ポリープや加齢によって起こる過形成性ポリープなどがあります。
腫瘍性ポリープは、悪性の場合はほとんどががんであり、良性の場合は大半が腺腫です。良性の腺腫である大腸ポリープは放置しているとがんになるケースが多いため、ポリープの段階で切除することが大腸がん予防になります。切除が必要なのは、ある程度の大きさになったものや形がいびつになったものなど、がん化する可能性が高いものです。
大腸ポリープは、大腸内視鏡検査で発見したその場で内視鏡的に切除することが可能です。切除したポリープが腺腫なのか、あるいは早期のがんなのかは、回収したポリープを生検して診断します。

大腸ポリープ切除術後の注意事項

大腸ポリープ切除大腸ポリープ切除後は、クリニック内のリカバリールームで休憩していただきます。経過観察を行って問題がなければ、そのままご帰宅していただいてかまいません。なお、既往症の有無や状態によってご注意いただく内容は変わります。詳しくは医師の指示に従ってください。
また、日帰り手術といえども、術後の合併症として出血や穿孔が起こる可能性はゼロではありません。そのためにいくつかお守りいただく注意点があります。
手術の際にはお腹の張りがほとんどない炭酸ガス送気を行っていますが、もしも術後のお腹の張りが気になるようでしたら、ガスを出すようにしてください。

食事について

術後の1週間は消化しやすく、胃腸に優しいメニューを心がけてください。香辛料などの刺激物、脂っこいもの、アルコールは控えてください。

運動について

当日の運動は厳禁です。翌日からは散歩程度でしたら可能ですが、ジョギング・ゴルフ・テニスなどの激しい運動や腹圧がかかる運動については、術後1週間は控えましょう。

入浴について

翌日からシャワーは可能ですが、術後1週間はシャワー程度にとどめてください。それ以降は入浴可能です。

水分について

術後は、いつもより多めに水分を摂取してください。便秘を避けるためにも、積極的な水分摂取が必要です。

出血について

便に血が混じる程度でしたら特に心配はありませんが、もし大量の出血や激しい痛みがありましたら、すぐにご連絡ください。万が一に備えて緊急連絡先を事前にお伝えしておりますので、夜中でもご連絡ください。

大腸ポリープ費用

1割負担 3割負担
大腸カメラ(大腸内視鏡) 約2,000円 約6,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(1部位) 約9,000円 約24,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(2部位) 約10,000円 約27,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(3部位) 約11,000円 約30,000円

※病変があり組織検査を施行した場合は上記金額にプラス1部位につき、およそ4,000円~11,000円(3割負担の方)かかります。

治療法

大腸ポリープ切除方法大腸ポリープ切除の際は、5~10㎜程度の小さなポリープを内視鏡で安全に切除するために、一般的にポリープにスネアをかけて締め付けてから切り取る方法が用いられています。ポリープは切除後、顕微鏡による病理検査を行い、がん細胞の有無を調べます。
ポリープの大きさによって、通電して切除するポリペクトミー、通電しないコールドポリペクトミーから適した方法を選びます。

ポリペクトミー

一般的なポリープ切除方法で、スネアというループ状になった細いワイヤーを内視鏡先端から出してポリープの付け根にひっかけ、スネアを徐々に締めていき、最後にスネアに電気を流して焼き切る方法です。ポリペクトミーの場合、スネアが電気メスの役目を果たすため、術中の出血が少ないというメリットがあります。ただ、通電して切除した部分が炎症を起こし、出血や穿孔などの合併症を起こす可能性があります。

コールドポリペクトミー

通電しない切除方法で、病変部位だけをそのまま切除します。コールドポリペクトミーは通電による止血効果がないため、術中の出血は多くなりますが、粘膜を傷つけずに治療ができるので術後の出血が少なく、合併症の危険性が低くなっています。

内視鏡的粘膜切除術

そのままではスネアをかけることができない、平坦リープや早期大腸がんに有効です。平坦なポリープに生理食塩水を注入して浮き上がらせてから、スネアをかけて締め付け、切り取ります。他の手法と同様に、回収したポリープに病理検査を行います。
ポリープや大腸がんが発生するのは、腸の一番内腔を覆っている層である粘膜層です。そのため、粘膜層にできた早期のポリープや大腸がんは平坦な場合が多く、スネアをかけることが難しいため、この手法が採用されます。生理食塩水を注入するのは、ポリープができている粘膜層のすぐ下にある粘膜下層なので、腸に穴を開けてしまうことはありません。安全かつ確実に、平坦なポリープや早期大腸がんを切除することが可能です。

TEL:022-294-6633メールでのお問い合わせ
一番上に戻る
スタッフブログ